投資マンションの家賃5000円アップで売却益150万アップ

投資マンションの家賃5000円アップで売却益150万アップ(サムネイル画像)

都心部でのワンルームマンション投資は基本的に長期保有が前提の投資となります。

しかし、保有数年で売却益を確定し、売り抜ける方も存在します。

そんな直ぐに売却益なんて出るの?

と少し懐疑的になりますが、実際にそのような事例は存在します。

では実際にどのように売却益を確定させるのか見ていきましょう。

※動画でも詳しく解説しています。

続きを読む

ワンルームマンション投資は新築でなく中古を選択する3つの理由

ワンルームマンション投資は新築ではなく中古を選択する3つの理由(サムネイル画像)

ワンルームマンション投資を考える際に大前提が1つあります。

それが、投資対象のマンションが「新築」か「中古」かということです。

最初の選択を間違ってしまうと、その先数十年の運用パフォーマンスが大きく異なってきます。

題名にも記載した通り、基本的に「新築ワンルーム」はNGで、「中古のワンルーム」がお勧めです。

今日はその3つの理由について端的にお話ししていこうと思います。

※動画でも解説しております。

続きを読む

投資用と実需用マンションの㎡単価が逆転!デカ部屋も投資対象に

投資用と実需用のマンションの㎡単価が逆転!デカ部屋も投資対象に

「首都圏マンション市場動向」の最新版【2019年4月~2020年3月】が不動産経済研究所より発表されました(2020年4月16日)。

今回はこちらの資料から東京都心部の実需(自宅として住む)マンションの㎡単価の推移などをわかりやすくグラフにしてみました。

また、それと比較する形で首都圏の投資用マンションの市場動向を見てみるといくつかのことがわかりました。

※今回の内容は動画でも解説しております。

続きを読む

【悲報】フラット35融資基準が激変!ワンルーム投資家は自宅が買えない?

【悲報】フラット35の融資基準が激変!ワンルーム投資家は自宅が買えない?

フラット35を使った不正融資問題からフラットの融資基準が大きく変化するようです。

フラット35は非常に審査が通りやすく、年収が低かったり、借り入れが多い人でも比較的融資が通りやすいことで有名でした。

しかし、昨今の「なんちゃって」と言われる、投資マンションをフラット35を使って購入させる悪質な業者が増加し、今回の融資基準見直しに至ったのです。

※「なんちゃって」に関してはこちらの記事で詳しくまとめております。

フラット35で不動産投資を勧める「なんちゃって業者」の闇に迫る

フラット35の今までと、これからの融資基準について詳しく見ていきましょう。

※動画でも解説しておりますのでご覧ください。

 

続きを読む

【要注意】ワンルームマンション投資でOYO LIFEは危険!

ワンルームマンション投資でOYO LIFEは危険

皆さんOYOってご存知でしょうか?

2012年に設立されたインド発のベンチャー企業で、ホテルや住居などの運営、リース、フランチャイズしている企業です。

ホテルでは、提供客室数ベースで世界第2位(110万室)と業界では有名な存在です。

そんなOYOが日本にてマンスリー賃貸住宅サービスを始めました。

運営会社は「OYO LIFE」です。

今回はそんなOYO LIFEの特徴や仕組み、その危険性などについて詳しくお話ししていこうと思います。

続きを読む

日本一のワンルームマンション投資専門メディア【東京1R(トウキョウワンルーム)】
日本一のワンルームマンション投資専門メディア【東京1R】
日本一のワンルームマンション投資専門メディア【東京1R(トウキョウワンルーム)】
日本一のワンルームマンション投資専門メディア【東京1R】