この書籍を読むことで得られるメリット

ワンルーム投資をこれから検討する方

  • ほぼ100%の確立で悪質な業者、案件に騙されなくなる
  • 優良な物件や業者の選定基準が明確になる
  • ワンルーム投資業界の全容が分かる
  • 売却の出口戦略を明確に立てられる

ワンルーム投資を既に始めている方

  • 所有物件の損益分岐点を理解できる
  • 所有物件の現状の売却相場が計算できる
  • 所有物件の高値売却のコツがわかる
  • 所有物件の値下がりタイミングが理解できる

ことです。

単純にワンルームマンション投資について解説した書籍は他にいくらでも存在します。

しかしながら、業界ではタブーとされている「業者の儲けの仕組み(三為方式)」、「利益構造(1件売ったらいくら儲かるのか?)」、「銀行の提携制度と各行の金利の詳細」、「悪質な営業手法の全て」を記載している書籍は本書以外にはありません。

東京1Rは不動産会社ではなく、ワンルームマンション投資専門の情報メディアです。

この書籍によってワンルームを販売することが目的ではなく、

  • 正しいワンルーム投資の知識
  • ワンルーム投資業界の構造

を世に理解してもらうために書いた書籍です。

巷にあふれるワンルーム書籍は、不動産会社が出版したものばかり

結局はワンルームのメリット部分に焦点をあて、最終的には自社の推薦。

最終的なワンルーム販売目的の為に、業者にとって都合の悪い部分は全てカットです。

そんな偏った情報の書籍を読んだところで、何の意味もありません。

残念ながら騙されるだけです。

実際にワンルーム投資の書籍を数十冊読み込み、物件を購入したが最終的に粗悪なワンルームを購入し私の元に相談にくる投資家が後を絶ちません。

これでご理解いただけるでしょう。

業者の執筆したワンルーム投資の書籍など何冊読んだところで意味が無いと。

書籍を読んでいただいた方々の感想

AMAZONの商品ページにある全てのカスタマーレビュー(2021年現在で約150件のレビュー)をお読みください。

※以下レビューの一部

東京1Rの書籍のレビュー一覧

Amazonでベストセラーにもなりました。

ワンルームマンション経営の教科書【実践編】 キンドルでのランキング

ワンルームマンション経営の教科書 キンドル不動産投資ランキング

湾ルームマンション経営の教科書 キンドルランキング

 

ワンルームマンション経営の教科書 キンドルランキング総合

 

書籍のご購入はこちらから

ワンルームマンション経営の教科書【入門編】

本書もくじ
はじめに
1,ワンルームマンション投資とは
2,なぜワンルームマンション投資が会社員に人気なのか?
3,なぜワンルームマンションが投資に適しているのか
4,ワンルームマンション投資はいくらからできる?
5,ワンルームマンション投資は儲からない?
6,ワンルームマンション投資の6つのメリット
7,ワンルームマンション投資の9つのリスク
8,ワンルームマンション投資のリスク対策
9,ワンルームマンション投資の代表的な失敗事例一覧
10,マンション投資に関するトラブル
さいごに

Amazon購入ページはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ワンルームマンション経営の教科書【実践編】

本書もくじ

はじめに
1,購入すべきは東京都心の築浅中古区分ワンルーム一択
2,購入すべきワンルームの特徴
3,業者売主物件と仲介物件のどちらがいいのか
4,融資を使わずに現金買いなら「仲介物件」もあり
5,提携金融機関について
6,売主提携金融機関が融資したがらない物件の特徴とは?
7,売主業者の物件はどこから買っても値段は同じ?
8,バルク買いのメリットとデメリット
9,ワンルームマンションを複数所有する5つのメリット
10,物件購入時にかかる諸費用の内訳に関して
11,ワンルーム投資すると自宅が買えなくなる?
12,ワンルーム投資は大して節税にならない
13,住宅ローンの仕組み
14,ローンが支払えなくなったらどうなるの?
15,ワンルーム業者と面談する際の注意点
16,契約時の注意点
17,フラット35を使った不動産投資は要注意
18,入居者募集の仕組みについて
19,購入後にかかる必要経費について
20,毎月の賃貸管理手数料の相場など
21,設備保証サービスなどに関して
22,投資用ワンルームの出口戦略について
さいごに

Amazon購入ページはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ワンルームマンション経営の教科書【売却編】

ワンルームマンション経営の教科書【売却編】表紙

ワンルームマンション投資の検討時・保有時・売却時全ての方に向けた必読書

東京1Rの「ワンルームマンション経営の教科書」シリーズ第三弾の【売却編】です。
ワンルームを購入し、売却の出口戦略を模索している人は数多くいらっしゃるでしょう。
しかしながら、ワンルームの売却出口に関する情報は非常に少なく、特にそれが投資用のワンルームマンションとなればなおさらです。
ワンルームを販売する書籍は数多くあっても売却の専門誌はほとんどありません。
あったとしても不動産仲介会社の書いた書籍で、最終的には自社への売却誘導となっております。
これでは、本来の物件の売り時や売却の戦略など立てられるハズもありません。売却する仲介会社にとって不都合な部分はほとんどカットされていますから。
この書籍を読むことで、自分自身の保有するワンルームの売り時を金融機関評価額というロジックに基づいて理解できるようになります。
それが理解できれば、物件の売却を中止する人もでてくるでしょう。
また、ワンルーム投資を検討している方にとっては、出口戦略まで理解した上で物件購入ができるようになるので、本書籍を読むことで物件選びの視点が大きく変化するでしょう。

内容

単にワンルームをお得に売るための手法のみを記載した書籍ではありません。
ワンルーム投資の流通の仕組みから、売却に至るまでの業者間でやり取りされる利益やその内容を素人の方にも分かるように記載しております。
売却に至るまでの業界背景をしっかり理解することで、「なぜこの価格なのか?」「なぜ今売るのか?」という問いに明確に答えられるようになります。
それが「真に納得した売却」につながると考えております。
そして、出口戦略を明確に描けるようになることこそが「真に納得した保有」へと繋がります。
よって本書籍は売却を検討していない方にとっても非常に有益な情報を数多く記載しております。

  1. ワンルームマンション投資をこれから始めようとしている人
  2. ワンルームマンションを保有している人
  3. ワンルームマンションを売却しようとしている人

にお読みいただきたい内容です。

Amazon購入ページはこちら