諸費用とは?

ワンルームマンション購入に際して、物件価格以外にもお金がかかってきます。

例えば2500万円の物件を2500万円のフルローンで物件を購入したとしましょう。

頭金は0円なので、自己資金0円で始められる!?と思うかもしれませんが、そうではありません。

ワンルームマンション(不動産)を購入するのに物件価格とは別に「諸費用」がかかってきます。

諸費用のおおよその内訳は以下の通り。

新築と中古により、金額が大きく変わります。

表示登記費用

物件が新築された際に行われる登記にかかる費用。(約50,000円程度)

※物件や司法書士事務所により差異あります。

 

所有権保存登記

新築した建物の所有者が誰かを示すための一番最初の登記です。(150,000円程度)

 

所有権移転登記

所有者が変更されるので、その変更登記の費用(約150,000円程度)

 

抵当権設定登記

銀行からローンを使って物件を購入する場合は、その物件に抵当権が付くので、その抵当権を設定する登記費用(約150,000円程度)

※物件や司法書士事務所により差異あります。

 

金融機関事務手数料

ローン額の約1~2%程度の手数料(約250,000円程度)

※銀行により差異あります。

 

火災保険料(期間10年一括払い)

火災や落雷、爆発、風災、雪災などによって、お部屋損害を被った場合に補償される保険です。(約20,000円程度)

※保険会社により差異あります。

※10年後には更新があるので、再度火災保険に加入しなければなりません。

 

管理準備金

管理準備金は新築のワンルームを購入する際にかかる費用です。

管理組合設立直後に必要な備品購入などの名目で購入時に支払う費用。(約20,000円程度)

※物件によって差異あります。

 

修繕積立基金

修繕積立基金は新築のワンルームを購入する際にかかる費用です。

修繕積立基金は、マンションの将来の大規模修繕費用のために、購入時に支払う費用。(約300,000円程度)

※物件によって差異あります。

 

印紙代(売買契約書用&金銭消費貸借用)

売買契約書に貼る印紙代金です(10,000円)

銀行でローンを組む際に金銭消費貸借契約を結ぶのですが、その契約書に貼る印紙代金です(20,000円)

※売買価格、ローンを組む価格によって差異あります。