年単位総収支とは?

年収支(月収支×12)に固定資産税や設備のメンテナンス費用などを合計したものです。

簡単に言えばその年にかかった経費全てに年収支を合計したものです。

なので、初年度に関しては「頭金」や「諸費用」など非常に出費が多いため、大きくマイナスとなるでしょう。

また、10年、20年が経過した際にクロス張り替えやエアコンの取り換えなど、メンテナンス費用がかかる年には、それらの経費もその年の「年単位総収支」に反映されます。