投資マンションローンのソニー銀行の金利が上昇?何パーセント?

  • Pocket

ソニー銀行の金利が2021年10月より上昇するとの情報が入りました。

現状のソニーの金利は1.64(2年固定)ですが、その金利がどのように変化するのか、また上昇したことによってその他の金融機関との条件を比較してベストな選択は?詳しく見ていきましょう。

※動画でも解説しております。

ソニー銀行の金利変更状況

ソニー銀行の金利変更は以下の通り。

ソニー銀行の金利2021年10月

皆さんが通常選択されるのは、2年固定の金利かと思われます。

  • (手数料50万型)金利1.49→金利1.58へ
  • (手数料10万型)金利1.64→金利1.73へ

上記変更が大きなポイントとなります。

ソニーの金利は安いが手数料が高い・・・

オリックスの金利も安いが手数料が高い・・・

どの金融機関も金利が拮抗しており、どれを選べばいいかわからなくなりそうですね。

投資マンションローン金融機関別金利ランキング

銀行別のローン比較

東京スター銀行の金利は低いですが、提携業者がそもそも少ないということと、金融機関の評価額にバラつきがあるという意味で、今回は比較候補から外します。

そのうえで

  1. ソニー銀行
  2. イオン銀行
  3. オリックス銀行

の3つで比較します。

条件は以下の通り

  • ローン金額2000万
  • 35年ローン
  • 諸費用は購入時現金一括で支払い

投資マンションローンの金利比較

35年トータルでの支払いの利息だけを見ると、ソニーの1.58が最も支払い利息が少なくお得です。

しかしながら諸経費の事務手数料などは銀行やプランによって異なるのでそこも含めて考えていかなければなりません。

銀行別のローン事務手数料は以下の通りです。

イオン、ソニー、オリックスそれぞれのローン事務手数料

ソニー銀行金利プランの比較

皆様のご質問で多いのが、ソニー銀行を選択する場合、手数料55万と手数料11万どちらを選べばよいですか?

というもの。

ここでしっかり比較しておきましょう。

ソニー銀行の手数料50万型と10万型の総支払の比較図

35年総額の支払いで考えた場合には1.58%がお得になります。

しかしながら、これはあくまで35年間支払い続けた場合です。

それを加味して、例えば10年後に売却する場合をどちらがお得になるのでしょうか?

結果的に1.73%を選択したほうがお得という結果になりました。

今回は10年で計算しましたが、おおよそ18年程度保有するとようやく1.58%の方がお得になる計算となります。

すなわち、結論として

  • 18年以内に売却をするなら1.73%がお得
  • 18年以上保有するなら1.58%がお得

となります。

つまり保有する年数でどちらの金利を選んだほうか良いかが変わるということです。

オリックスとソニーの比較

金利を優先して比較するとソニーの1.58とオリックスの1.6です。

2つを比較すると・・・

となります。

オリックスの方が35年で見るとお得ということになりますね。

つまり、35年保有する前提であれば、オリックスの1.6が最も有利という結果になります。

イオンとオリックスの比較

それではイオン銀行とオリックス銀行を比較してみましょう。

イオンとオリックスのローン総支払の比較図

35年の総支払で見るとオリックスの方がお得なのが分かります。

では10年保有して売却する場合のプランを比較してみましょう。

オリックスとイオンの10年で売却した場合の総支払の比較図

10年で売却の場合はイオン1.7%がお得なのがわかりますね。

これは10年の場合ですが12年以上保有すると1.6%がお得になる計算です。

  • 12年以内に売却ならイオン1.7%がお得
  • 12年以上保有するならオリックス1.6%がお得

それぞれの繰り上げ返済の手数料

  • オリックス

オリックス銀行 繰り上げ返済手数料

  • ソニー銀行は繰上げ返済手数料無料
  • イオン銀行も繰り上げ返済手数料無料(全額返済の場合は55,000円)

となっております。

ちなみに繰り上げ返済はすればするほど金利差の影響は少なくなります。

繰り上げ返済で考えるならば

  1. ソニー銀行
  2. イオン銀行(ほぼソニーと同列)
  3. オリックス銀行

のランキングになります。

団体信用生命保険の内容

オリックスとイオンに関しては団信内容はほぼ同じです。

ソニー銀行に関しては当初からがん団信50%(50歳未満)がついており、保証内容としてはソニー銀行が通常金利で最も保証が手厚いと言えるでしょう。

結局一番使いやすいのはどの銀行?

購入者のその後の運用方法によって適切な銀行が変わってくることが分かります。

一番のポイントは

  • 約12年以上保有する予定か否か
  • 繰り上げ返済を積極的に行うか否か

という点です。

繰り上げ返済はせず長期保有の場合

長期にわたり繰上げもせずに単純に保有し続ける場合であれば

①オリックス銀行1.6%

②ソニー銀行1.58%(手数料44万型)

がお勧めです。

繰り上げ返済をする可能性がある場合

ソニー銀行(1.73%)やイオン銀行(1.7%)がお勧めです。

金利も事務手数料も拮抗していますが、団体信用生命保険の内容に違い(ソニーはガン団信50%つき)があるので、そこをどう見るのか?は個人の主観によって異なってくるでしょう。

10年程度で売却をメインに考えている場合

イオン1.7%がお勧めです。

しかしながら団信の内容(がん保険)などを考えるとソニー銀行1.73%の選択も良いと思います。

  • Pocket

東京1Rが開発したマンション投資シミュレーションサイトを無料プレゼント!

開発に丸1年費やしました。

東京1Rが開発したワンルームマンション投資のシミュレーションサイト「1Rシミュレーション」無料プレゼントします。

単純な収支計算はもちろん、将来的な売却予測から購入物件の注意点までワンルームマンション投資について学びながらシミュレーションできる業界初のコンテンツ型シミュレーションサイトです。

・「シミュレート」機能

「アラート(危険回避)」機能

・「診断」機能

「シミュレーションをシートでダウンロード」機能

など多彩な機能で、危険な物件を自動でアラートしてくれます。

悪質な業者・不良物件をこのサイト1つで簡単に誰でも見極めることができます。


「1Rシミュレーション」を無料で使ってみる

SNSでもご購読できます。

コメント

    Comments are closed.

    【有料】東京1Rの不動産投資セミナー
    無料セミナーで時間の浪費はもうやめましょう
    有料の不動産投資セミナー
    【有料セミナー】で本物を学ぶ