ポイントサイトに要注意!クレジットカード作成でローン審査が否決?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ポイントサイトに要注意!クレジットカード大量作成でローン審査が否決に?(サムネイル画像)

ポイ活ってご存じですか?

ポイントを貯めて、現金に換金したり、お得に買い物したりする活動です。

そのポイ活の中でも非常に高額なポイント還元が狙えるのがクレジットカード案件です。

しかし、昨今このポイ活による大量のクレジットカード作成が、後々思いもよらぬ災いをもたらすことがあります。

お金を借りるときに悪影響を及ぼす可能性

クレジットカードを作るだけで大量のポイントが貰えるのは一見すると非常にお得に見えます。

単純に申込をするだけなのですから。

しかし、そのクレジットカードの申し込み履歴は個人信用情報機関に残ります。

大量のクレジットカードを作成すればそれだけその履歴も多くなります。

クレジットカードなので利用額がついております。

例えば

  • ショッピング利用枠100万円
  • キャッシング利用枠50万円

といった感じです。

要するに「何にいくらまで使えるのか」が明確にされております。

例えばこのようなカードを何枚も所有しているとなれば、その気になれば1日で数百万というお金をキャッシングで借りることも可能な訳です。

そのような方が例えば住宅ローンやの申し込みをした場合

お金を貸すほうの金融機関としては非常に警戒します。

もしかしたらお金払えなくなるのでは?

これだけキャッシングできる枠があるのだから、一気にお金を借りる可能性が?

となり、最悪の場合ローン審査が否決になったりもします。

投資マンションローン審査への悪影響

ワンルームマンション投資において、ポイントサイトなどに各企業がこぞって広告を掲載しています。

例えば、

  • マンション投資の面談を受けうると1万円分のポイントプレゼント
  • マンション投資の資料請求で1000円分のポイントプレゼント
  • マンション投資のセミナー参加で5000円分のポイントプレゼント

などです。

不動産投資案件のポイントは特に高額な傾向にあります。

よって、絶好のポイ活のターゲットとなるわけですが、そのようなポイ活をしている方は同時にクレジットカード作成などによるポイ活も並行して行っている場合が多いのです。

つまり、いざ投資マンションを購入しようとした場合に、過去のポイ活によるクレジット会社への大量申込が発覚し、せっかくの投資マンションローン審査が難航する事例も数多くみてきました。

大量にカードを作っていたとしても、特に使っていなければ最終的に否決となることはありませんが、何故多くのカードを作ったのか?

など金融機関から詳しくヒアリングされることになるでしょう。

利用限度額の大きいカードローンに要注意

カードローンは金融機関が発行したカードを使って、その利用限度額までお金をいつでも借りられ、金融機関ごとに定められた金額を毎月返済するローンのことです。

このようなカードローンを複数枚所有しているとそれだけで投資マンションのローン審査が否決となってしまう場合もありますので注意が必要です(金融機関によって差異あり)。

※クレジットカードのキャッシングとは異なるので注意

クレジットカードのキャッシングとカードローンは何が違うの?

クレジットカードのキャッシング機能はあくまでクレジットカードに付帯した機能です。

よってキャッシングの利用限度額も50万程度のものが多いです。

それに対してカードローンは現金借り入れのみの使用で限度額も数百万から一千万程度にまで及びます。

以下の図はクレジットカードのキャッシングとカードローンの違いを図にしたものです。

クレジットカードのキャッシングととカードローンの違い

金利はクレジットカードのキャッシングに比べてカードローンの方が低いです。

金融機関からするとカードローンが複数枚あると、それだけ現金借り入れを多くできる状況という認識になります。

こちらのカードローンは使用しなくても、複数枚持っているだけで投資マンションローンの審査で否決となってしまう場合もあるので注意しましょう。

クレジットや携帯分割の支払いの遅延などにも要注意

クレジットカードの支払いを遅延するとその遅延情報は信用情報機関に登録され、その情報は基本的に5年間保管されます。

1回程度の遅れであれば、投資マンション購入時のローン審査で否決となる場合は少ないですが、複数回の遅延をしてしまうと、投資マンションどころか普通の住宅ローンさへ組めない状況になってしまいます。

また、昨今スマホなどの分割払いをしている人が多いと思いますが、その分割払いの支払い履歴も信用情報機関に登録されます。

よって、携帯代金の遅延も絶対にNGです。

実際に支払いを遅延すると、こちらの記事のような状況となります。

実際に携帯代金の遅延によってローン審査が否決になった人を何人も見てきましたのでご注意下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東京1Rが執筆したPDF書籍「マンション経営の教科書」

ワンルームマンション投資に特化した情報メディア東京1R(トウキョウワンルーム)が執筆したPDF書籍「マンション経営の教科書」を無料プレゼント!

この一冊(全62ページ)を読むことで、

・購入してはダメな業者

・購入してはダメな物件

・融資を受けてはダメな金融機関

・悪質な営業手法への注意喚起

を約60分で理解することができます。

・ワンルーム投資を検討中の方

・ワンルーム投資を既に始めている方

に有益な情報が満載です。

 


無料PDF書籍をダウンロードする

SNSでもご購読できます。

日本一のワンルームマンション投資専門メディア【東京1R(トウキョウワンルーム)】
日本一のワンルームマンション投資専門メディア【東京1R】