ワンルームマンション投資で総戸数20戸未満の物件を買ってはいけない2つの理由

前回に引き続き買ってはいけない物件を具体的に紹介していこうと思います。因みに前回の記事では1階のお部屋を買ってはいけない理由をお伝えいたしました。

今回は、マンションの総戸数についての記事を書いていこうと思います。マンションの規模に関しては購入する物件によって様々かと思います。その中でも物件規模を見るにあたり「総戸数」が非常に大事になってきます。

総戸数とはその名の通り、全住戸の数です。なので総戸数30戸であれば、全住戸で30部屋ということですね。

結論から言うと、総戸数が20戸未満の物件はお勧めできません。今日はその理由についてお話ししていこうと思います。

続きを読む

ワンルームマンション投資で1階の部屋を買ってはいけないたった1つの理由

投資用ワンルームマンションを購入するにあたって、区分マンションだと何階の物件を購入すればいいのか?という疑問をお持ちになったことはありませんか?

例えば、新築のワンルームなどをデベロッパーから購入する場合は、販売中のお部屋の中から好きなものを自分で選ぶことが可能です(残り最終1部屋などの状況を除き)。

基本的にマンションは上層階に行けば行くほど価格が高くなっております。なので、1階のお部屋に関しては一番価格が安く設定されている場合が多いです。

ただし、よほどの事情が無い限りは1階のお部屋を買ってはいけません。今日はその理由について詳しくお話ししていきます。

続きを読む

倒産続出!?スルガ銀行系の三為業者の今後は!?

去年にこのブログでも注意喚起しておりましたが、スマートデイズ(旧スマートライフ)のシェアハウス「かぼちゃの馬車」にてスルガ銀行に金融庁の立ち入り調査が行われ、それ以降実質スルガの融資は停止状態にあるようです。

シェアハウス記事は如何にまとめておきますので順番にご覧ください。

続きを読む

最長45年!?オリックス銀行にて長期不動産投資ローンが可能に⁈

投資マンションも自宅のローンも住宅ローンの最長年数は35年が一般的ですよね。

そんな中で最長45年ローンがいよいよ本格的に始動するという情報をキャッチしました。

オリックス銀行は不動産投資を考えるうえで最も重要な金融機関の一つです。その理由は以下の過去記事を参照してください。

続きを読む

家賃保証(サブリース)トラブル・契約時と売却時の注意点

過去にも家賃保証の記事はいくつか記載してきました。家賃保証とはマンション経営をする際に、空室の有無に関わらず毎月一定額の家賃を必ずオーナーに支払う賃貸管理契約のことであります。別名サブリース契約とも言います。

マンションを所有しているオーナー様からすると、空室で収入が0円になってしまうリスクが回避できるので、一見すると非常に安心できそうな制度ですよね。

ただし、昨今この家賃保証(サブリース)を原因としたトラブルが頻発しているのをご存知でしょうか?

続きを読む

リコースローンとは?ノンリコースローンとは?違いは?

リコースローンノンリコースローンって聞いたことはありますか?金融機関の方や海外の不動産に詳しい方だとご存知の方も多いのではないでしょうか?

この二つは同じ住宅ローンなのですが、性質が異なります。今日はそれぞれの特徴について詳しくお話ししていきたいと思います。

続きを読む

スルガ銀行に金融庁立ち入り(シェアハウス)内部は不正だらけ?

ようやくって感じですね。このブログでもスルガ銀行が融資していたスマートデイズのシェアハウス「かぼちゃの馬車」問題について何度も言及してきました。

このスマートデイズ社は4/9に東京地裁に民事再生法の適用を申請しました

4/18日現在、民事再生法の適用は棄却され、破産手続きに移行しております。

また、それに際してこのスマートデイズ社のシェアハウスに融資をしていたスルガ銀行の融資姿勢が問題視されている訳であります。

続きを読む

投資用のワンルームマンションを仲介で購入するのはやっぱり難しい!

インターネット上には不動産ポータルサイトが無数に存在します。そんな中で、不動産投資専門のサイトも増えてきました。物件の種類も、マンション一室のワンルームから一棟、ビル、テナントまで様々です。

実際のところ不動産投資をお考えになる方で、まず最初に区分マンション(ワンルーム)を検討される方が非常に多いのではないでしょうか??

続きを読む

リボ払いはダメ!絶対に!(危険な借金です)

最近リボ払いでお買い物をする方が非常に多いように感じます。投資用マンションの販売をしているとお申込みになった際に、その方の借り入れ全てを把握することになります。なので当然こちらとしては、「現状で何かお借り入れはありますか??」とお客さんに必ず尋ねるわけですが、リボ払いを借り入れとして認識していない方が非常に多いです。

結論から申しますが、リボ払いは絶対にやってはいけません。本日はその理由について詳しくお話ししていこうと思います。

続きを読む

東京1RのPDF無料ダウンロード
東京1R監修の電子書籍です
東京1Rの無料PDF
東京1Rオリジナル電子書籍
東京1RのPDF無料ダウンロード
東京1R監修の電子書籍です
東京1Rの無料PDF
東京1Rオリジナル電子書籍