ワンルーム市況・その他

楽天・オリックスのワンルームマンション投資への融資が厳しくなってきた

スマートデイズの「かぼちゃの馬車」をきっかけにして「サブリース問題」、そこから「スルガ銀行の不正融資問題」が公になりました。

そこから、今年の9月に「TATERUの金融機関提出ねつ造事件」があり、11月には「西武信金の不動産業者からの不正資料を見抜けなかったこと」が大きな問題となっております。

続きを読む

賃貸(家賃)保証会社って何?素人にも分かりやすく徹底解説!

賃貸でお部屋探しをする際に、入居の条件として「保証会社の審査が必須です」と言われたことはありませんか?

保証会社って何でしょうか?何となく聞いたこともあるかもしれませんが、実際どのような会社でどんな業務を行っているのでしょうか?

今日はその保証会社について詳しく見ていきましょう。

続きを読む

児童手当が所得制限でもらえない人は◯◯投資で受給可能に!

お子様のいらっしゃる方だと、ほとんどの方がこの「児童手当」を受給されているのではないでしょうか?

普段何気なく児童手当を受け取っていらっしゃる方が多いかと思いますが、じつはこの児童手当には所得制限というものが存在します。

ある一定水準の年収を超えると児童手当の支給額が大幅に減額されてしまう、という仕組みですね。

先ずは「児童手当」の支給額についてまとめてみました。

続きを読む

投資マンションで売却損を出さない為に!少しでも高く売る方法

投資用のワンルームマンションを売却するにあたって、残念ながら売却損を出してしまう方が一定数いらっしゃいます。

そもそも投資用のワンルームマンションは損をするタイミングで売却しなければ、売却損は確定しません。

つまり、価格が下がっているときに売却しなければ、売却損は出ません。売って初めて損失が確定するのです。

じゃあ売らなければ損失は確定しないの?となりますが、その通りですね。売らなければ損失は確定しないので、売却損という概念もありません。

ただし、収益を生まない物件(空室ばかりの物件)を所有すると、経費ばかりがかかってしまい、長期で所有すればするほど損失が膨らんでいく物件が存在するのも確かです。

なので、場合によっては、売却損を出してでも物件を売却することが、正しい選択となる場合もあります

そんな最悪な状況の時に、少しでも物件を高く売るためにしなければならないことを見ていきましょう。

続きを読む