投資用ワンルームマンション売却時の高額査定に要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

投資用ワンルームマンションの売却に際して、以前より仲介よりも買取をお勧めしております。

買取に関しては、ワンルーム専門の買取会社にお願いするのが最も良いでしょう。

ここで問題なのが「仲介」でワンルームを売却する場合です。

一括査定などという場合には特に注意してください。例えば以下のようなパターンです。

ワンルームの売却一括査定で注意すべきパターン

例えば、所有しているワンルームを何社かに一括で仲介の売却査定をお願いしたとしましょう。

すると・・・

A社:2000万円

B社:2100万円

C社:1900万円

D社:3000万円

といった感じで査定が出てきました。

あなたならどの会社に仲介をお願いしますか?

普通ならばD社の3000万円に飛びつきたいところですが、実はこれは非常に危険な選択です。

何故ならば、他社とあまりにも価格がかけ離れすぎているからです。

ここで、この3000万の査定額を付けた会社で考えられるのは下記の3つのパターンです。

  1. 単なる査定間違い
  2. 本当に売る自信がある
  3. 高い値段で気を引き専任媒介契約をとにかく結びたい

ただし、そのほとんどんが「3.高い値段で気を引き専任媒介契約をとにかく結びたい」という理由からです。

「1,査定間違い」などそうそうあるものでもありませんし、査定を間違えるような会社はそもそも取引対象としてNGです。

「2.本当に売れる自信がある」としても、もの凄く相場からかけ離れた高い金額で物件を売却するわけですから、売る方としては至難の業です。

情報化社会の現代においては、物件名を検索すれば仲介での取引相場や取引価格が直ぐにでて来ますからね(売主物件はあまり出てきませんが)。

仲介の不動産会社は専任媒介契約を取ってナンボであります。

専任媒介契約とは分かりやすく言うと、「売却は御社一社に任せます。他の不動産会社に浮気しません。」という契約内容です。

なので、会社によっては売上ノルマもありますが、それとは別に「専任媒介契約を何件獲得するか」という別ノルマも存在します。

仲介査定額=売買代金ではない!

仲介の査定額で3000万円の評価が出たからと言って、必ずその価格で売却できるわけではありません。

よくあるパターンとしては、媒介契約当初は3000万円の売り出し価格で設定し、当然そんな高額では売れないですから、徐々に時間をかけて値段を下げていき、結局相場でしか売却できず、仲介手数料はちゃっかりもらう。という手法です。

もちろん業者も当初の金額では売れない、と分かったうえで売買金額を下げる前提で仲介の専任媒介契約を獲得するのです。

なので、やろうと思えば当初の売り出し価格を4000万でも5000万でも自由に設定できるのです。

このような業者につかまってしまうと、当初の高額な物件価格から相場に金額を下げるまでの期間が全くの無駄な時間になってしまうので、売却期間が長期化する傾向にあります。

また、そのような姑息な手段で専任媒介契約を獲得しようとする企業や営業マンな訳ですから、本当に売却主のことを考えて動いてくれるハズもありません。

投資用ワンルームの仲介に向いていない業者の特徴

  • 定期的な報告が無い。
  • とにかく値段下げることしか提案してこない。
  • そもそも投資用ワンルームの知識が無い。
  • 様々な不動産をとにかく幅広く扱っている。

等の特徴が挙げられます。

投資用のワンルームをエンドユーザーさんに販売するにはある程度の知識が必要となります。

投資用のワンルームマンションは業界でも非常にニッチな産業であり、購入するにしても業者の提携金融機関を使うなどのスキームが必要となります。

だからこそ、そういった投資用ワンルームをそもそも販売するスキームを持ち合わせていない業者に物件の売却依頼をするのは非常に効率が悪いと言わざるを得ません。

投資用ワンルームは仲介よりも専門業者への買取を

だからこそ、投資用のワンルームマンションは仲介での売却よりも業者買取での物件売却をお勧め致します。

業者の買取であれば見積もりも取りやすいですし、時間も短縮できます。

その詳しい理由は「投資用ワンルームマンションを売却する際のたった一つの注意点」をご覧ください。

また、仲介でワンルームマンションを売却する場合は一定の費用も掛かりますので、その部分も含めての売却活動をしなければなりません。

ワンルームマンションの売却費用に関しては「投資用ワンルームマンションの売却方法・必要書類・費用について」に詳しく記載しております。

まとめ

ワンルームマンションの売却に当たって、一括査定は非常に便利に感じますが、その一括査定に出したが故に、様々な会社が様々な話で専任媒介を獲得しようと躍起になってきます。

一括査定なので、どこの会社に申し込んだのかすら分からずに、うんざりするほど様々な不動産会社から電話による勧誘が続くことも珍しくありません。

だからこそ、不動産業者の言いなりにならずに、自分自身でも周囲の相場を調べたりしながらある程度の価格を把握しておくことをお勧め致します。

基本的に売却で損をしてしまう人は「不動産業者の言いなりになってしまう人」に多いからです。

購入も売却も自ら主体的に能動的に動くことが大切なのであります。

ワンルームの物件の売却相場や価格査定などにご興味がある方はお問い合わせフォームより個別でご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

東京1Rのメルマガ登録はこちら

*メールアドレス

東京1RのPDF無料ダウンロード
東京1R監修「マンション経営」無料電子書籍
東京1Rの無料PDF
マンション経営の無料電子書籍