2018年 6月 の投稿一覧

八王子の新築ワンルームマンションは絶対に買ってはいけない

最近投資用ワンルームマンションのセカンドオピニオンを求めるご相談が非常に多くなってきました。

ワンルームマンション投資は、金額が小さく、業者売主物件であれば金融機関の融資も受けやすいので、不動産投資初心者の方にも非常に人気であります。

ただし、初心者だからこそ業者のポジショントークを鵜呑みにしてしまうことが多いので、先ずは自分自身でしっかりと「調べること」がたいせつなのです。

そんな中で最も大切なことが「相場」であります。マンション投資はココを間違ってしまうと、資産ではなく、とんでもない負債になってしまう可能性もありますので十分に注意してください。

では、表題の「八王子の新築ワンルームを何故買ってはいけないのか?」その理由について今日はお話ししていきましょう。

続きを読む

ワンルームマンション投資で複数物件を所有するメリットと注意点

ワンルームマンション投資のメリットとして、一棟物件に比べて、時間をかけずに複数件へと物件拡大しやすいということが挙げられます。

なぜならそもそもの物件価格が一棟に比べて安いからですね。

では、そんなワンルームマンションを複数件所有するメリットと効率よく買い増していくポイントをお話ししていきましょう。

続きを読む

住宅ローンが払えなくなる破綻割合って?デフォルト率は?

自宅を購入する際や、投資マンションを購入する際にほとんどの人がローンを組むことになります。借金をするという認識から住宅ローンに抵抗のある方も非常に多いのではないでしょうか?

今日は実際に住宅ローンを組んで支払が出来なくなってしまうような人がそのくらいいるのか?

その割合について考えていきたいと思います。

続きを読む

投資マンションを購入したら頻繁に営業電話が掛かってくる理由

投資用のワンルームマンションを所有すると、どこからともなく営業電話が掛かってきたり、自宅にいきなりDM(ダイレクトメール)が送られてきたりした経験はございませんか??

特に投資用のワンルームマンションを所有していると、これは”あるある”でしょう。知らない会社から急に電話やDMがくると、自分の個人情報がどこから漏れたのか心配になりますよね。

今日はそのあたりのからくりについてお話ししていこうと思います。

続きを読む

【保存版】中古ワンルーム投資で失敗しない為の9つのポイント

中古ワンルーム購入のご相談を最近非常に多くいただいております。書店などでも中古のワンルーム投資の書籍は非常に多いですよね。

ネット上では「中古のワンルームはリスクが低い」的な風潮にありますが、そんなことはありません。

中古だからこそ見なければならないポイントは非常に多く存在します。今日はそんな中古ワンルームマンション投資で失敗しない為に見ておく9つのポイントを紹介していきます。

続きを読む

児童手当が所得制限でもらえない人は◯◯投資で受給可能に!

お子様のいらっしゃる方だと、ほとんどの方がこの「児童手当」を受給されているのではないでしょうか?

普段何気なく児童手当を受け取っていらっしゃる方が多いかと思いますが、じつはこの児童手当には所得制限というものが存在します。

ある一定水準の年収を超えると児童手当の支給額が大幅に減額されてしまう、という仕組みですね。

先ずは「児童手当」の支給額についてまとめてみました。

続きを読む

投資用ワンルームマンションの危険で悪質な営業手法を大暴露!

皆さんはワンルームマンション投資の勧誘を受けたことはありますか??大企業にお勤めのサラリーマンの方や、市役所にご勤務されている公務員の方ですと、少なくとも1回くらいは勧誘電話を受けたご経験があるのではないでしょうか?

また、電話勧誘のリスト(名簿)取得が厳しくなり、路上でサラリーマンに名刺交換を直接お願いするという手法も一時期大流行しました。

今日は、ワンルームマンション投資の一般的な営業手法から、危険なものまで、その全てを公開していこうと思います。

続きを読む

投資マンションで売却損を出さない為に!少しでも高く売る方法

投資用のワンルームマンションを売却するにあたって、残念ながら売却損を出してしまう方が一定数いらっしゃいます。

そもそも投資用のワンルームマンションは損をするタイミングで売却しなければ、売却損は確定しません。

つまり、価格が下がっているときに売却しなければ、売却損は出ません。売って初めて損失が確定するのです。

じゃあ売らなければ損失は確定しないの?となりますが、その通りですね。売らなければ損失は確定しないので、売却損という概念もありません。

ただし、収益を生まない物件(空室ばかりの物件)を所有すると、経費ばかりがかかってしまい、長期で所有すればするほど損失が膨らんでいく物件が存在するのも確かです。

なので、場合によっては、売却損を出してでも物件を売却することが、正しい選択となる場合もあります

そんな最悪な状況の時に、少しでも物件を高く売るためにしなければならないことを見ていきましょう。

続きを読む

マンション投資の営業マンが自分で物件を買わない3つの理由

投資用マンションの営業をしていると、お客様から良く質問を受けることがあります。それが「ところで○○さん(営業さん)は投資物件を所有しているのですか?」という質問です。

これを質問するお客さんの心理としては、「営業さんもやっているのかな?」といった単純な興味本位から、「営業さんがやっていないなら、本当は良くない商品なんじゃ?」といった猜疑心を含めたものまで、色々考えられるかと思います。

結論から言いますと、残念ながらマンション投資の営業マンの大多数は物件を所有しておりません。若くてイケイケな営業さんだと平気で「私3部屋持ってますよ!」なんて嘘をつきますから要注意ですね。

続きを読む