アフィリエイターこそ不動産投資を始めるべき!その理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近では大手企業も、どんどん副業を認めるような時代になってきていますね。(※ちなみに良く受ける質問ですが、ワンルームマンション投資は一定規模以内であれば基本的に副業には該当しません。その理由はこちらの記事を参照してください。)

公務員の不動産投資。副業規定5棟10室の意外な落とし穴!

そんな中でも「ネットで手軽に副業できないかな?」と考える人も多いのではないでしょうか。そんな方たちの多くが興味を抱くのが副業の王道とも言われる「アフィリエイト」です。

アフィリエイトとは

そもそもアフィリエイトが分からない方のために。

アフィリエイト(Affiliate)の言葉は、「加入する・提携する・関係する」といった意味を持っています。ここでは「提携する」がいちばんイメージとして当てはまるでしょう。

アフィリエイトは、「成功報酬型広告」とも言われ、例えばあなたがある企業の商品を販売したとしたら、その企業からあなたに報酬(成功報酬)が支払われるという広告です。

例えば、A社のPという商品があったとしましょう。A社は、Pを販売してくれたら成功報酬として1件につき100円払うとしています。そこであなたは、このA社の広告を自分のサイトに貼り付けます。そして、あなたのサイトにやってきた訪問者がその広告に惹かれPを購入した場合、あなたに100円が支払われるのです。

アフィリエイトには、企業にとっては商品を宣伝して売ってもらえるという利点があり、あなたには収入を得られるという利点があります。

2/2 アフィリエイトとは? 初心者の疑問に答えます [アフィリエイト] All About

簡単に言えば広告収入ってやつですね。自分のブログやHPを作って、そこに企業のアフィリエイト広告を貼って、その企業の商品やサービスに興味を持った人が、その広告をクリックして商品を購入したり、サービスを受けたりすると、その代金の一部が広告主(アフィリエイター)に入ってくるという仕組みです。

HPやブログなどの内容が良ければ、毎日何もせずとも一定数の報酬が自然発生的に入ってきます。いわゆる不労所得というやつですね。

ネットでお金を稼ぐというと少し怪しいイメージをお持ちになる方も多いかと思います。中には毎月○○○万必ず稼げる!!といった詐欺まがいの情報商材を購入してしまい、全く結果が出ずに嫌な思いをした方もいらっしゃるでしょう。

ただし、普通にアフィリエイトを始めるのであれば費用はほとんどかかりません。かかったとしても毎月のサーバー代金やドメイン代金くらいで毎月数千円もあれば余裕で運営できます。

中にはこのアフィリエイトで毎月数百万、数千万稼ぐような「アフィリエイター」と呼ばれる人も存在します。もちろんそれだけ稼ぐと、副業の枠を超えて専業になられる人も増えてきます。現に私からマンションを購入いただいたお客様で、会社員時代に副業でアフィリエイトを始めて、会社を辞めてアフィリエイターになった方も多くいらっしゃいます。

皆さんに共通されているのは専業のアフィリエイターになってさらに投資不動産購入に意欲的になっていることです。前置きが長くなってしまいましたが。今日はその理由についてお話ししています。

今の収入がいつまで続くのか心配

冒頭でアフィリエイト収入は不労所得であるとお伝えしましたが、正確に言えば不労所得のようで不労所得ではありません。なぜかというと、その仕組みを作るために時間と労力を費やさなければならないからです。

強力なコンテンツを揃えたHPやブログを作成するためにはそれなりの労力がかかります。むしろ寝る間を惜しんで会社員よりもよっぽど長い時間働いている方が多いです。

アフィリエイトは仕組みを作ってそれで終わりではありません。新しい情報は常に更新しなければならないので、メンテナンスも必要になります。

また、新規の記事やコンテンツを定期的に作成していかないと、SEOも弱くなってしまいます。

時に、サイトやブログ自体がペナルティを受けて、一気に検索順位が下がってしまうリスクも存在します。

そうなると一気に収入も激減するわけですね。言い方は大げさかもしれませんが、常にそういった危機感と隣り合わせで毎日過ごさなければなりません。

そんな中で「毎月少なくてもいいから安定的に収入を生んでくれるものはないかな」と考えるのは自然な流れですよね。そこで皆さん不動産投資(マンション投資)に行きつくわけですね。

まとまった現金の運用先として

まとまった現金を短期間で稼ぐと、今度はその現金の運用先を考えます。本業(アフィリエイト)の邪魔にならず、放っておいても継続的に且つ安定的に収入が入ってくるものといったら不動産投資くらいでしょう。

会社を辞めて自営になると不動産投資の融資を受けるのは厳しくなってしまいますので、現金一括購入が大前提になります。

区分のワンルームマンションであれば、数百万から購入できます。都心に近づけば利回りも下がってしまいますが(その理由はこちらの記事をお読みください)、その分継続的且つ安定的に家賃収入を受け取ることができるようになります。

都心部のワンルームマンション投資は「東京に住む」という単身者の居住ニーズに投資するものです。つまり、東京から単身者がいなくならない限りは半永久的に需要はあり続けると考えることもできます。

もちろん物件数が過剰に増えて、需給バランスが崩れるようなことがあれば、話は別ですが・・・。ただし、そうなる可能性は非常に低いです。その理由は以下の記事を参照してください。

東京以外でワンルームマンション経営をしてはいけない絶対的な理由

現金購入であれば、ローンのように与信枠という考え方も無いので、現金の続く限り物件を購入していけます。

現金購入物件を担保にローンを使って次の物件購入も

現金購入の物件は銀行の抵当権がついていないので、金融機関からは丸々資産としてカウントしてもらえます。そういった物件を複数所有していれば、それを担保にして、与信枠を自らの手で作り出し、新規物件を購入する際の融資を引き出すことができるようになります。

つまり、今までは現金でしか物件を購入できなかったのに、融資を使って物件を購入できるようになるわけです。

融資を受けるわけですから、手もとから出ていく現金も少なくてすみます。しかも、いままで現金一括で所有してきた無借金の不動産達がありますから、その収入を金融機関への繰り上げ返済へと回しながら、融資を受け次の物件へ・・・とこれを繰り返すことにより、複利の力を使って、雪だるま式に資産を増やすことが可能となるのです。複利運用については以下の過去記事をお読みください。

不動産投資(投資用ワンルームマンション)の複利運用とは?

区分ワンルームマンションを買い足していくにあたって、「使える現金が多い」というのはそれだけで物凄いアドバンテージになるのです。

収入の安定が精神の安定へ

先ほども言いましたが、都心のワンルームマンションは非常に需要が安定しております。だからこそ利回りもそこまで高くはありませんが、その分継続的且つ安定的に家賃収入を受け取っていくことが可能となります。

マンション投資はまさに不労所得です。アフィリエイトの場合は手間や時間がかかりますが、不動産は物件を選んで、購入し、あとはひたすら放置で構いません。というかそもそもやることがありませんから。管理は業者にやらせればいいですしね。

複数の収入口を作ることで、万が一の際にはリスクヘッジにもなります。また、「いつ収入が途絶えるか」という危機感からも解放されます。

以上の理由からアフィリエイトで稼ぐ方々にこそ、区分ワンルームマンションをお勧めしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

東京1Rのメルマガ登録はこちら

*メールアドレス

東京1RのPDF無料ダウンロード
東京1R監修「マンション経営」無料電子書籍
東京1Rの無料PDF
マンション経営の無料電子書籍