マンション・家の間取りの種類とその違いを図で一覧!【永久保存版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お部屋(賃貸物件など)を探すときに1R(ワンルーム)とか1Kとか1DKとかいろんな間取りありますよね??それぞれの違いってちゃんと理解できてますか??1Rマンション投資とは言いますが、詳しく言うと1Rではないことが多いんです。最近の物件はそのほとんどが1Rではなく1Kなのであります。なので正確に言うのであれば1Kマンション投資ですね。

本日はその物件の間取りの違いについて詳しくお話ししていこうと思います。

1R(ワンルーム)

お部屋とキッチンの間に仕切りが無い間取りのことです。つまり1つの部屋の中にキッチンがある訳ですね。お部屋とキッチンに仕切りがあれば、それは1Kとなります。

代表的なワンルームの間取りは以下のような感じの物件です。

f:id:toushi-before-after:20171205191051j:plain

1K

お部屋とキッチンの間がしっかり区切られており、空間が2つに分かれている間取りのことです。

代表的な1Kの間取りは以下のような感じの物件です。

f:id:toushi-before-after:20171205190701j:plain

1DK

1DKのDKとはダイニングキッチンのことです。1Kよりもキッチンが広い間取りのお部屋です。一般的にキッチンに4.5帖~8帖のスペースが確保されています。ダイニングキッチンスペースにテーブル等を置いて食事することができます。若干古めの物件に多い間取りですね。1つのお部屋と1つのDK(ダイニングキッチン)です。

代表的な1DKの間取りは以下のような感じの物件です。

f:id:toushi-before-after:20171205193010j:plain

1LDK

LDKとはリビングダイニングキッチンのことです。1DKとの違いに関しましては、1DKのダイニングキッチンスペース(食事スペース)が8帖以上になるとLDK(リビングダイニングキッチン)となります。つまり1DKの食事スぺースが広め(8帖以上)なら1LDK。食事スペースが小さめ(8帖以下)なら1DKとなります。

部屋数は1DKと変わりません。食事スペースが狭いか広いか、それだけの違いです。

1つのお部屋と1つのLDK(リビングダイニングキッチン)です。

代表的な1LDKの間取りは以下のような感じの物件です。

f:id:toushi-before-after:20171205194811j:plain

2K

かなり古いタイプの物件に多い間取りです。イメージとしては上記で紹介した1Kに+1部屋という感じですね。キッチンのスペースは狭めです。このスペースが広がると(4.5~8帖)2DKになります。

代表的な2Kの間取りは以下のような感じの物件です。

f:id:toushi-before-after:20171206140502j:plain

2DK

2Kと似ていますが、先にも述べた通り、DK(ダイニングキッチン)ということでキッチン(食事)スペースが広めに作られています。1DKでも紹介しましたが。食事スペースが4.5帖~8帖あります。それとは別に2部屋という感じの作りですね。

代表的な2DKの間取りは以下のような感じの物件です。

f:id:toushi-before-after:20171206141522j:plain

2LDK

これも上記の1LDKでも説明しましたが、キッチン(食事)スペースの広さが8帖以上になるとLDK(リビングダイニングキッチン)という呼び名になります。今回は2LDKなので、8帖以上のリビングダイニングキッチンと、それとは別に2部屋という感じですね。

代表的な2LDKの間取りは以下のような感じの物件です。

f:id:toushi-before-after:20171206142116j:plain

まとめ

順番にお読みいただくと、なんとなく間取りの規則性をご理解していただけたのではないかと思います。K,DK、LDKの違いは大ざおっぱに言うとキッチンのあるお部屋の広さの違いなのであります。

  • K(キッチンスペース4.5帖以内)
  • DK(キッチン・食事スペース4.5帖~8帖以内)
  • LDK(キッチン・食事スペース8帖以上)

それぞれの頭にK、DK,LDKなどの数字がつくわけですが、その頭の数字が物件のお部屋の数になる訳ですね。

1Kはキッチンと1部屋、2DKならダイニングキッチンと2部屋、3LDKならリビングダイニングキッチンと3部屋という造りになります。

なので、上記の7つの基本系(1R~2LDK)さえ理解できれば、あとは単に部屋数が増えるだけですから、容易に間取りをイメージできるかと思います。

ワンルームマンション経営とは言うものの、最近ではワンルームよりも1Kが主流なので、マンション経営をする際には、そこも含めてご検討下さい。

また、この図面でいうなら1DK以上の間取りでのマンション経営はお勧めできません。なので、1R、1K以外のお部屋でマンション経営をされる際には十分にご注意下さい。広めのタイプのお部屋がなぜマンション経営に向いていないかは、こちらの過去の記事を参照してください。

ファミリーマンションが投資に向かない4つの理由

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

Comments are closed.