投資用ワンルームマンションを売却する際のたった一つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

投資用ワンルームマンションを売却する際、少しでも高く売却したいと思いますよね。それでは、今回は投資用ワンルームマンションを売却する際の注意点について記載していこうと思います。

まず売却は2種類ございますので、それぞれ見ていきましょう。

2種類の売却方法

仲介

不動産屋さんに所有物件の売却をお願いして、不動産屋さんが広告や不動産流通ネットワーク(レインズ)を利用して購入者を探します。成約時には仲介手数料(主に物件価格×3%+6万円)が発生します。

買取

不動産屋さんに所有物件を買い取ってもらうことです。購入者を探す手間が省ける分、早期に売却が可能となります。直接売買なので仲介手数料は発生しません

一般的に「仲介」の方が良いとは言われるけど・・・

それぞれの形態で不動産会社はどこで儲けを出すのでしょうか?

仲介であれば、「仲介手数料」ですね。

買取であれば、「?????」

あれ?買取だと業者はどこで利益を出すのでしょうか?それは「買い取った後にそれを売却した転売益」です。分かりやすく言うと、1500万円で買い取りして2000万円で売る訳です。その差額が利益となる訳ですね。

これが一般的な仲介と買取の違いです。買取の方が業者にとっての利益は大きいわけですね。なので、仲介は相場で売れる可能性が高いが、買取だと相場より安くなってしまうのが通常であります。ただし、投資用ワンルームの場合だとそうでない場合もあるんですね。

「買取」の方が良い場合って

投資用ワンルームマンションはある種ニッチな不動産領域であります。普通の自宅の取引ではありません。

なので、一般的な不動産屋さんに投資用ワンルームマンションを販売するスキームはほぼありません。提携金融機関制度に関しての知識も無ければ、ワンルームマンションの投資モデルについての説明もできないのが普通です。

※提携金融機関制度については以下をご覧ください。

投資用ワンルームマンションローン取り扱い銀行&金利ランキング

なので、そんな一般的な不動産会社に買取や仲介をお願いしたところで、あまり良い結果が得られない場合が多いのです。

ではどこに売却をお願いするのか?

投資用ワンルームマンションに特化した区分マンション専門の不動産会社ですね。

ただし、いくら区分マンション専門会社であっても「仲介」ですとどうしても「提携金融機関」が使えなくなってしまうので、購入者層の間口が一気に狭まってしまうのです。←この文章の意味が良くわからない。という方は以下の過去記事を先ずご覧ください。

投資用ワンルーム購入。それって仲介?売り主?

買取であれば、業者も転売するわけですから、買取業者が売主となって物件売却することで、購入者に「買い取り業者の提携金融機関」を使った提案ができるので、非常に売りいやすいわけですね。

なので、上記のような事情により、業者買取の方が仲介よりも高い金額で売却できる場合も出てくるわけです。売却する立場からすると、買取をして直ぐに転売されるのはあまり気持ちのいいものではありませんが、少しでも高く売れるならそうも言ってられませんよね。

一社だけではなく、必ず複数社の売却見積もりを取る。

買取査定は必ず複数社行ってください。間違っても、最初の1社だけで比較もせずに業者のいい値で決めちゃう、なんてことの無いように。

都心部の投資用ワンルームマンションの物件価格は上昇傾向にあります。なのでその逆に利回りは下落の一途をたどっております。

今の時期、投資用ワンルームマンションの再販業者は少しでも条件の良い中古を仕入れるのに必死であります。逆に言えば、ワンルームを所有している人にとっては売り手市場なんです。

物件の査定をワンルームの専門会社にお願いしたい場合には、下記お問合せよりいつでもメールお待ちしております。

docs.google.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

東京1Rのメルマガ登録はこちら

*メールアドレス

コメント

コメントを残す

*

東京1RのPDF無料ダウンロード
東京1R監修の電子書籍です
東京1Rの無料PDF
東京1Rオリジナル電子書籍