街中で急に名刺交換をお願いしてくる人達の正体。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

街中でいきなり呼び止められ名刺交換を迫られる。そんなシュチュエーションに遭遇したことはありませんか?

都心部に住んでいる人なら、みなさん一度は経験したことあるのではないでしょうか。
特に主要都心ターミナル駅近辺で。この人たちのほとんどが、投資不動産会社の営業の子たちです。

「名刺100枚交換しないと帰れないんです!!」
「入社したばかりで、研修で名刺交換してるんです!!」

など様々な理由で名刺交換を突然迫ってきます。

名刺交換の本当の理由

その真の理由とは・・・電話営業してアポとる為!です。そして、そのアポを皮切りに投資マンションの販売を進めるのです。
もう、本当にただそれだけです。何を隠そう僕自身も10年前に業界に入った時にやらされましたからね既に経験済みです。知らない人からすると、

「なにそれ・・・怪しい・・・」
「効率悪すぎでしょ・・・」

様々な非難の声が聞こえてきそうですが、実際に結果を出している同期の友人はいましたね。僕は全く成果出ませんでしたけど。

なぜ街中で名刺交換なの?もっと他にもやり方ありそうだけど

ワンルームマンションの電話営業は大昔からありますが、近年、個人情報保護法の関係などから、名簿やリストの入手が困難になり、電話する先が減少しているんでしょうね。
なので、原始的ですが、道を歩いてる人かたっぱしから行っちゃえ!!ってなったんだと思います。ただし、誰でも良いわけではなくて、彼らもターゲットはある程度絞っていると思います。
マンション経営を始める人はサラリーマンや公務員の方が多いので、先ずは外見から、「スーツを着ている人」に声をかけていくわけですね
次に年齢です。
若い人(20代前半)、高年齢(50代後半以上)にはまず声をかけません。
なぜかというと、金融機関から融資を受ける際に、上記のような方だと、融資を受けられない可能性があるからです。融資が受けられないと物件を購入できませんからね。業界用語で「ローン不可」なんて言ったりします。

類似商法で路上アンケートにも要注意

あと、最近だとJR横浜駅とJR田町駅近辺で頻繁に路上アンケートやってますけど、蓋を開けてみると投資マンションの営業だった、ってパターン非常に多いですよ。
お住まいのアンケートなどと称して、最初は「賃貸住んだことありますか?」など答えやすい質問から、徐々に経営の話にすり替わっていきます。何度かわざとアンケートに答えたりしているので、
電話番号を書いたりすると、後日必ず熱心な営業電話が来ますから、注意してくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

東京1Rのメルマガ登録はこちら

*メールアドレス

コメント

Comments are closed.

東京1RのPDF無料ダウンロード
東京1R監修「マンション経営」無料電子書籍
東京1Rの無料PDF
マンション経営の無料電子書籍