悪徳・悪質な不動産投資会社の見分け方!この営業トークが出たら一発アウト!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近下記にあるような営業トークが増えてきております。業法違反も甚だしいですね。こんな業者は業界から駆逐しなければなりません。

「今物件を購入していただいて、5年後にその物件を買取させてください!」

と言ってワンルームの購入を進める業者がいるようです。紹介によって面談の依頼を受けたクライアントがいらっしゃったんですが、その方は複数のマンション経営の業者と面談しており、その中の数社から、このような営業トークを受けていたようです。
そのほとんどが単純に売るための営業トークなので注意してくださいね。(渋谷区のM社さん。六本木のF社さんがこのトークで有名です。)実際にその業者さんの過去の販売物件を見てみると、レインズに売り物件情報が出るわ出るわ。※レインズとは、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピュータ・ネットワーク・システムの名称です。
指定流通機構の会員不動産会社が不動産情報を受け取ったり情報提供を行うシステムで、会員間での情報交換がリアルタイムで行われています。なので欲しい不動産情報がすぐに検索出来て、非常に便利なシステムです。ただし不動産屋しか見れません。

将来買取ます!の営業トークは絶対に信用してはいけません

当然それらの物件売れてないんですけどね。「売りに出している」というだけで、成約にはなっていないものがほとんどです。だって値段髙すぎますから。

そもそも、○○年後に○○円で買い取りしますよ!!って言われても、口約束の場合がほとんどですからね。あとあと業者から「そんなこと言ってません。」って言われたらおしまいですよ。

その営業トークは宅建業法違反です

宅建業法上、○○年後○○円で買い取りますから、利益がでますよ!なんていうのも宅建業法違反になります。口にしただけでアウトです。先ほども申しましたように、買取の保障なんて存在しないんですよ。だから、利益がでる!とか、買取する!とか断定的な話をすること自体ダメなんですよ。

買取トークを始めた時点でその業者はナシです

なのでそんな買取営業トークを始めた時点で、その業者さんとのお付き合いは‘‘なし‘‘と考えていいでしょう。区分のマンション投資は時間をかけて運用していくのが基本です。
買ってすぐに、数年で利益を出せる場合もありますが、それは少数の事例で、大半は長い時間をかけながら利益を出していくものになります。業者や営業マンにとって有利な情報は、例えそれがマイノリティーな事例でも、それが当たり前かのように話す人がこの業界には多いので注意してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

東京1Rのメルマガ登録はこちら

*メールアドレス

コメント

Comments are closed.

東京1RのPDF無料ダウンロード
東京1R監修「マンション経営」無料電子書籍
東京1Rの無料PDF
マンション経営の無料電子書籍